ビジネスシーンで使うプリンターのインクのタイプを徹底解説!

ウーマン

ビジネス用途に特化

カートリッジ

ビジネスシーンでも快適に

これまでビジネスで利用するプリンターといえばトナーを用いたレーザープリンターが主流でした。レーザープリンターは印刷スピードが速く、給紙枚数も非常に多いので大量印刷を行うビジネスの現場に最適とされて来たのです。一方、インクタイプのプリンターは家庭用モデルが主流となっている為、ビジネスシーンで活用出来る様なスピードや給紙枚数が無いというのが実情で、サイズ的な制限がある場合などを除いてあまり採用されて来ませんでした。加えて、トナーカートリッジと比べてインクは一本当たりの容量が少なく、交換頻度やコストが高く付くというビジネスの現場では致命的となる弱点がありました。ところが近年、ビジネスインクジェットプリンターというカテゴリーが新たに誕生した事によって、一気にインクタイプのプリンターがビジネスの現場に採用される様になったのです。これまでの弱点であったスピードや給紙枚数、更にはインクの容量までを飛躍的に改善し、インクタイプでも十分にビジネスの現場で活躍出来る仕様になりました。インクジェットならではの高精細な印刷はもちろん、多彩な印刷性能はそのままに弱点が改善されたので広くオフィスでも活用がされています。なお、インクジェットプリンターの場合、滲みやすさを懸念される方も少なくありませんが、ビジネスインクジェットプリンターでは基本的に顔料インクが採用されているので滲まずクッキリとした印刷が行えます。

業務の効率化が望める

3次元プロッタ

業務用3dプリンターは様々な種類が発売されているため、目的に合わせて適切なタイプを選択しましょう。プラスチック製品などの試作には樹脂素材を使用する機器が向いていますし、美術的な製品には石膏素材を使用する機器が向いています。

設計に欠かせないソフト

メンズ

どのような分野でも有用な存在として利用されているものがcadです。あらゆる物の図面製作を正確に行なうことができるようになるので、業務の質の向上と効率化を実現できるでしょう。

製品力とサービス力は随一

インキ

リコーはトナータイプの複合機分野において世界的なトップメーカーです。長年に渡り培われてきた製品力とサービス力がリコーの強みとなっています。価格、スピードなどあらゆるニーズに対応可能な商品ラインナップ、24時間365日フルタイムサポートが可能なサービス体制はリコーならではの強みです。